もう騙されない!!テレクラ従業員の優良出会い系サイト紹介◆出会い系以外のサイトで会えるサイトは?!
FC2ブログ

◆出会い系以外のサイトで会えるサイトは?!

★エロなテレクラ従業員出会い奮闘記★ ◆出会い系以外のサイトで会えるサイトは?!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▼テレクラ従業員オススメ出会い系はコチラ▼
たまさぶろうは下記サイトをローテーションで利用してるよ♪
ハッピーメール
ミントC!Jメール
livedoorワイワイクラブ
メル☆パラ
↓ ↓ ↓ ↓
出会い系総合ランキングはコチラ♪ ※【スポンサーサイト】と表記されてるサイトはFC2広告です。リンク先には十分ご注意を!


スポンサー広告 テレクラたまさぶろうの応援よろしくぅ~\(◎o◎)/
FC2ブログランキング「ポチっと!!」
 人気blogランキングへGO!
出会い系以外のサイトで会えるサイトは?!

ミクシーモバゲーなどに代表されるSNSやゲームコミュニティでしょう。
遂にそれらでの児童ポルノ禁止法等の事件・事故検挙数が、
某県では出会い系の件数を上回ったそうです…
※児童即ち未成年が関与した事件の件数と思われます
※ニュース記事は「続き」でどうぞ♪


ここでみなさんはどう思いますか?


事件件数が、出会い系よりも、SNS・コミュニティ系の方が多くなったから
会える可能性や、エッチ出来る可能は、モバゲーミクシーの方が断然高い!!

と思います?


業界プロのワタクシからすれば、答えは「NO」です


なぜか?

モバゲーミクシーは確かに会えます
しかしそもそもの利用動機が、出会い系とSNS・コミュニティ系では全く違うので
アプローチの方法や、落とすまでの過程が全く異なるだけでなく、
それに費やす時間と労力も異なります

わかり易くまとめると

モバゲーミクシー等のSNS・コミュニティ系の傾向は?
サイト内のコミュニティやゲーム、イベントなどサイト内で楽しむ事が本来の目的であり
リアルに出会う事を最初から求めている利用者は少ない。
即ち、サイト内で知り合ったからと言っても、簡単にリアルな出会いができるわけではない
リアルに会うまでには多大な時間と労力が必要でしょう。
しかも、リアルな出会いまで持ち込んだとしても、
「即エッチ・即セックス」などに持ち込むのは非常に困難です。
エッチ出来ない訳ではないが、時間と労力とコストは非常に掛かると思って間違いないです。
時間と体力とお金に余裕がある方は試してみても良いでしょう。
但し、会ってH出来る保障は全くありません


◆優良出会い系サイトの傾向は?
読んで字のごとく、最初からリアルな出会いを意識して利用する利用者が多い。
男性はもちろん、女性もいっしょです。
「彼氏・メル友・セフレ・不倫・エンジョ・飲み仲間・コンパ合コン」などなど
いろんな出会いの目的がありますが、全てリアルに会うための集まりなのです
だから話が早い!
「即アポ」
「即エッチ」
「不倫」
「Hフレンド」

なんて当たり前です。だってそれらが男女お互いの目的ですもん

全国で一日にどれだけの人数が出会い系サイトで出会っていると思いますか?
「10,000人、20,000人/日」というレベルではありませんよ。
それ以上の人たちが、出会い系サイトで出会い、Hしたり、セフレ見つけたりしているのです。


この現実を受け止めれば、会うためには、Hするためには、
どんな行動が必要かお分かりですね!
但し、悪質出会い系・サクラ満開出会い系などの落とし穴に陥ってしまうと
時間・労力を費やすだけでなく、トラブルにも巻き込まれる可能性があるのでご注意を!!


という事で、
騙し・ヤラセなしの全国的超有名出会い系サイトはコチラ
『ズバリ!!』業界人が答える本当に会える出会い系サイト




▼テレクラ従業員オススメ出会い系はコチラ▼
たまさぶろうは下記サイトをローテーションで利用してるよ♪
ハッピーメール
ミントC!Jメール
livedoorワイワイクラブ
メル☆パラ
↓ ↓ ↓ ↓
出会い系総合ランキングはコチラ♪ ※【スポンサーサイト】と表記されてるサイトはFC2広告です。リンク先には十分ご注意を!


雑記&個人活動など テレクラたまさぶろうの応援よろしくぅ~\(◎o◎)/
FC2ブログランキング「ポチっと!!」
 人気blogランキングへGO!
県警:プロフなど検挙46件に 出会い系以外のサイト悪用 /宮城

4月3日13時2分配信 毎日新聞一部抜粋
 ◇「SKIT」で未然防止へ
 携帯電話のインターネットサイトを悪用した児童ポルノ禁止法違反などの「福祉犯」のうち、ゲームサイトや自己紹介サイト(プロフ)など、出会い系サイト以外での検挙件数が昨年46件に上り、出会い系の13件を大幅に上回ったことが県警のまとめで分かった。出会い系への法規制が強まる中、規制対象外のサイトを悪用するケースが多発。県警は、青少年健全育成チーム「SKIT(スキット)」を発足させ、犯罪の未然防止に全力を挙げる。【鈴木一也】
 県警少年課によると、未成年者が被害に遭った福祉犯検挙件数は昨年143件で、うちネットが関係した事件は59件。このうち出会い系は13件と、07年の約50件から減少した一方で、出会い系以外のサイトを悪用した事件が多発している。
 先月9日、プロフで知り合った女子中学生(13)に援助交際をさせたとして、塩釜市のアルバイトの男が、同課などに児童福祉法違反容疑で再逮捕された。2月17日にも、ゲームサイトで女性(当時20歳)を誘い出し、車で連れ回したとして男2人が、わいせつ誘拐容疑で逮捕されている。
 背景には、出会い系への規制強化がある。昨年12月に改正出会い系サイト規制法が施行され、事業者に届け出義務や児童(18歳未満)を誘う書き込みの削除義務が課せられた。それに反発するかのように、規制対象外のプロフなどが犯罪の温床となり始めた。
 自分のプロフィルや写真を掲載して友人を募る「プロフ」や、顔も知らない相手とメール交換ができるゲームサイトなどが、ネット上に無数に存在する。同課は「規制できない以上、保護者や児童に危険性を指導していくしかない」と話す。
 同課は昨年末、児童の防犯教育を推進するため、県内全24警察署で「SKIT」を結成。署員や防犯ボランティアが学校での防犯教室を企画・立案し、地域や学校間でばらつきがあった防犯対策を統一・強化する。今月から本格的な活動を開始する予定で、携帯電話に潜む危険性やフィルタリング(閲覧規制)の活用などを呼び掛けていく。
 県警生活安全企画課のデータでも、昨年の性的暴行など「風俗犯」の認知件数182件のうち、未成年者の被害は81件で44・5%。サイトを通じた性犯罪に限ると、07、08両年で未成年者の被害は計17件で85%を占めた。
 同課は「無料ゲームを気軽に始め、メールしているうちに『会おう』とそそのかされて被害に遭うケースが多い。保護者も『ゲームなら大丈夫』と油断せず、注意してほしい」と呼び掛けている。

記事全文
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: テレクラ従業員たまさぶろうにだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://erowork.blog117.fc2.com/tb.php/120-8c56d539
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。